包茎手術でコンプレックスを克服

包茎手術でコンプレックスを克服

女性がバストのサイズに関する悩みを持っていることと同じように、男性は男性性器に関する悩みを持っています。男性性器のサイズの大きさに関する悩みは、天性的なものがあるため、現実を受け入れることが大切です。他方、陰茎が皮に包まれた状態は包茎と言われ、男性の間では悩みの種となっています。日本人男性の半数が仮性包茎であるというデータが出ています。仮性包茎の状態は衛生上も問題ないため、医学的には何も問題はないとされています。しかしながら、仮性包茎に対してコンプレックスに感じる男性も多いため、包茎手術を希望する方も少なくないです。包茎手術は、美容外科クリニックや泌尿器科で手術を行なっています。包茎手術では、紀籐の裏側にメスを入れて包皮を除去する方法が一般的です。仮性包茎の手術については、疾患とは認められていないため、保険の対象外となっています。一方、カントン包茎や真性包茎の場合は、衛生上よろしくないために包茎手術が推奨されています。カントン包茎や真性包茎の場合は、疾患として認定されているため、手術に際しては保険が適用されます。カントン包茎や真性包茎は手術によって不衛生な状態や臭いを改善することができます。