包茎に対する男性の意識と包茎手術

包茎に対する男性の意識と包茎手術

包茎に対しては、男性の間では恥ずかしいと考える人が意外と多いです。また、包茎の場合には陰茎に恥垢がたまりやすいこともあり、性行為時にパートナーが不快な思いをすることがあります。日本人男性の半数が、仮性包茎という状態にあります。仮性包茎は医学上何ら問題がないものの、仮性包茎の状態に対してコンプレックスを抱えている男性は少なくないです。また、仮性包茎に対する助成の意識は、問題ないとする人が圧倒的に多いものの、先に述べたように臭いに対して敏感な人も少なくないです。このように、包茎に対する男性の意識はあまり好意的ではなく、可能であれば包茎手術を受けたいと希望する方が圧倒的多数を占めています。他方、ヨーロッパでは仮性包茎の状態に対しては、彫刻に見られるように、むしろ美しいという意識が強いです。仮性包茎の状態であれば、無理に包茎手術を受ける必要はないです。ただ、女性のバストのサイズと同様に、仮性包茎をコンプレックスと感じる人の中には、包茎手術を決意して実際に手術を受ける人は多数存在します。一般的に、包茎手術では包皮をカットする方法が用いられています。最近では、手術にかかるリスク軽減のために脂肪吸引が用いられています。