包茎の弊害を改善する包茎手術

包茎の弊害を改善する包茎手術

包茎の状態には、様々な弊害があります。一般的に、包茎の状態は紀籐に放屁がかぶさった状態を言います。包皮が祈祷にかぶさっていることにより、様々な弊害がもたらされます。まず、包皮と亀頭の隙間に汚れが貯まりやすくなります。亀頭と包皮の隙間に溜まった恥垢は、衛生を心がけて入浴の際に洗っていても、やはり恥垢が貯まりやすくなってしまいます。溜まった恥垢は通気性の悪さによるムレと時間の経過によって悪臭を放つようになります。その結果、性交時にパートナーが不快感を持ってしまう恐れがあります。また、亀頭にかぶさっている包皮によって、性交時に性感を著しく低下させることがあります。さらに、カントン包茎や真性包茎の場合、勃起時に亀頭を放屁が押さえつけてしまいます。その結果、陰茎の勃起を妨げたり、亀頭の発育が遅れるという弊害が起こります。このような包茎に寄る弊害を取り除くためには、包茎手術が効果的です。包茎手術では、余分な包皮を切除し、亀頭がきちんと出るようにします。切除する皮の部分は、きちんと計算された上で切除されます。包茎手術ではメスを入れて包皮を除去する方法が用いられており、傷が目立たないようにする工夫がなされています。